リバーサイドホステル ユラリバ スサキ Riverside Hostel YuRaRiver SUSAKI

STORY

博多旧市街地エリアの中でも伝統ある須崎町に佇むホステル。外観には水面や川の流れを表現したルーバーを設置し、穏やかな川面を客室より眺めることができます。エントランスに入ると佐賀県唐津市に工房を構える「紙漉思考室」制作の手作り和紙を使った大型壁面装飾が訪れるゲストをお迎えします。 少人数から6人、8人まで対応できる客室はビジネス、観光、家族旅行、グループ旅行、パーティールームなど幅広いニーズにお応えすることができます。

HISTORY

  • 2017年5月

    クライアントより「間口6mの狭小地」の有効活用について相談を受ける。
    都心部に位置しアクセスが良好な土地でありながら、狭小地特有の制限(採光、通風条件)が多い点、事業を行うにも規模が小さく収益性が低い点が大きなハードルであったが、当社運営中の「Common de -Hostel & Bar-」至近立地であったことから効率的な事業運営が可能と判断しホテルでの企画を提案。検討を進めることとなる。

  • 2017年10月

    施工者と検討を重ね、建物階数を地上5階建てとすることに決定。クライアントの期待に応えることができる収益性と、滞在するゲストの快適性、デザイン性を両立させたプランが完成。

  • 2018年5月

    建設工事着手。

  • 2018年12月

    建物完成。

  • 2019年1月

    Riverside Hostel YuRaRiver SUSAKI 開業。

PHOTO